恋愛ができない悩み-ドライブゲームを本気でアタック

恋愛ができない悩み-ドライブゲームを本気でアタック

パソコンやゲームなどでドライブのゲームがあります、ニードフォスピードと言うゲームです。
このゲームが実在する車を操り運転して順位を競ったりパトカーになって取り締まったりするゲームなのですがハマります。

 

 

このために、パソコンを新調してしかも画面を2画面にしてまた運転気分を味合うようにコントローラもドライブが出来るハンドルのコントーローラも買いました。

 

インターネットでもライバルと戦えますしスピード好きにはたまらないゲームです。
またいくつかシリーズがありますがやはり最新作は画像がきれいで実際に運転しているような感じです、ゲームをしなくても風景を楽しんだりして実際に行ったことがない風景を鑑賞しています。

 

でも残念なことは、運転席から見た風景がないことですね、車が写っているので本当に運転している気分になれるのが限られているのです。
海外では有名なシリーズでこのゲームは多くのファンがいます、日本でもこのようなレベルのゲームが出来ればいいですが残念です。
毎日、ドライブ気分を味わいしかも実際には出すことが出来ないスピードを出してアドレナリンを活発な感じがして気分がスッキリします、このようなスピードが実際に出たら危ないですがゲームなら安全です。

 

美しい風景とすごい速さで走る車を操るのはとても不思議な感じです、でも長い時間このゲームをすることが出来ませんね、社会人だと時間が限られていますので残念です。

 

毎回新しいシリーズが出てきてますので新作が楽しみです、でも車が改造できたりする方が面白いのですが最新作は無くなってきました。
好きな車を改造して、見た目も中身も自分なりに改造していくのは面白いです、実際だとすごい金額がないと車の改造なんてできません、ですがゲームですのでお気に入りの車を改造して恐ろしいほどのスピードを

 

 

ゲームでも感じてプレイできるのはスッキリしますしストレス解消ですね。

 

そのうちにバーチャルになればいいと思っているこの頃です。

 

 

恋愛ができないって別に恥ずかしいことじゃなくて、何かがきっかけになれば恋愛もできるだろうなと想像をしている。

 

 

 

二次元の世界に入ってしまう困った私

 

物心ついた頃から夢中になって抜け出せれない物があります。
それは少女漫画です。元々、絵を描くことが趣味な私なので漫画を読む時間は一番の幸せです。

 

 

不倫したいと思うようになった友人もいますが、二次元から来ているかもしれませんね。

 

恋愛モノが特に面白くて、大人になった今だからこそわかる不倫や浮気の物語もあるわけです。

 

 

 

私は一途ですが、、、(笑)

 

 

あまりに夢中になってしまうので幼い頃は親に怒られるばかりでした。
ただ、他の人とちょっと変わった読み方をする癖が高校生くらいからついてしまいました。
恋愛漫画でかっこいい男性が登場すると必ず、その漫画のヒロインになりきって脳内で恋愛の妄想を始めてしまうのです。

 

 

その妄想はどんどんエスカレートし、四六時中、頭の中は妄想のことばかりで生活の一部になってしまうのです。

 

 

そんな事ばかり考えているので現実にいる男性には全く興味が持てず、漫画の中に存在する男性に恋をしてしまっていました。
二次元の妄想に夢中になっているなんて周囲から見れば寂しい人間と思われてしまいそうですが私にとっては幸せの一時でした。

 

そんな私も高校卒業と同時に彼氏が出来、二次元の恋愛妄想は止めようと決意しました。

 

 

当時は彼のことが大好きで二次元の恋でも浮気になってしまうのでは…と考えたのです。
しかし、今度は漫画のヒロインが可愛すぎて憧れを抱いてしまい、二次元の女性を目指して自分磨きに夢中になりました。

 

普通の女の子なら芸能人やモデルに憧れるのが一般的ですが私は漫画の世界の女性に魅力を感じました

 

 

気に入った漫画は大人買いをし、ファンブックまで購入して徹底的にヒロインのことを調べつくしました。
努力の甲斐があって、友人からは「漫画に出てくるヒロインみたいだね」と言われるようになりました。

 

 

 

当時は人気のある漫画で知らない人が珍しい程だったので周囲からも気付かれたようです。
そんな行動が彼にバレた時は少し引かれてしまいました。

 

 

「もうちょっと現実を見ようよ」と言われても私の漫画好きはやめられません。

 

 

現在は30歳になり妊娠をしているのですが妊娠ブックも勿論漫画です。

 

 

漫画を通じて妊娠中の生活、子育てなどを勉強する毎日です。

 

 

 

夫もあきれていますが、夢中になれることがあるのは幸せ者だなと笑ってくれています。
私にとって漫画の世界は癒しの空間なので、歳を重ねてもやめられないと思います。